VIZ STORE-TOKYO&2ND [ VIRGOwearworks ]

東京都渋谷区神宮前3-27-4 [Access]
TEL./FAX. 03-3478-6335 E-mail

VIZ STORE-TOKYO&2ND [ VIRGOwearworks ] Yohei


堀洋平 / Product Management

ビーズリリーズをご紹介

1/18(WED)

こんばんは。

今日は昨日の打って変わって気温が上がり、とても過ごしやすい一日でしたね。

 

さて、そんな今日のBLOGはこちらのアイテム(シリーズ)をご紹介です。

 

 

 

 

Perverse necklace
▶ Perverse bracelet

チェコ シード ホワイトハーツを使用したビーズネックレスとブレスレット。

ホワイトハーツとはビーズのコアの部分に白いガラスを配し、周りに色ガラスを被せることで美しい発色を実現したビーズを指します。

今回はそのハワイトハーツの同系色を組み合わせ、綺麗なグラデーションを表現したデザインに仕上げています。

意外とありそうで見かけないデザインがポイント。

 

ところで、ビーズの由来とかご存知ですか?

「ビーズ(beads)」の言葉の起源はアングロサクソン語の「biddan(祈る)」「bede(祈る人)」と言われており、祈りの為のビーズは世界の半分以上の宗教で使われているそうで歴史も深く古い墓石からは自然の物を素材とした装飾品などのビーズが発掘されたりと
ビーズの歴史と宗教は深い関係にあるようです。

また、中で赤がもっとも多く作られ、古来より赤い色は強いパワーを持ち、身につける者に力を与え守ってくれると人々に信じられてきました。
そういう意味合いからも赤いホワイトハーツの需要があったようです。

こういったことからビーズはお守り的な感覚で身に着けている方が多いんですね。

とても良いことだと思います。

 

↑こんな風に重ね付けするとより個性が出てお洒落度もアップします。

 

また、カラーがとてもキレイなので女性も可愛くご使用頂けます。

 

こちらのアイテムにはしっかりとVIRGOのオリジナルチャームがアクセントで付いています。

如何ですか??

お洒落アイテムからお守りとしても重宝するビーズシリーズ。

古来のアジアの少数民族の女性たちは「けし粒」のように小さなホワイトハーツをたくさん束にして首にかけ、その御守りを母から娘へと受け継いでいったそうです。

自分用から大切な人へのプレゼントにも最適ですね。

是非参考にしてください。

 

それでは明日はNagara・Shunのコンビで皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

VIZ公式LINEの登録はこちらから。

https://line.me/ti/p/%40agc8043y

またはLINE画面より→その他→公式アカウント →上にスワイプして

検索で「VIZ」と入力頂ければ表示されますので追加ボタンをタップ。

 

こちらのQRコードからでも登録可能です。

【VIZ STORE-TOKYO LINE ID】

LINEだけの最新情報やお得なクーポンなど配信中!
登録されていない方はぜひ!
ご登録はこちら→ https://line.me/ti/p/%40agc8043y
またはLINE画面より→その他→公式アカウント →上にスワイプして検索で「VIZ」と入力頂ければ表示されますので 追加ボタンをタップ。
ぜひご登録してお得な情報をお待ちください!

■商品のお問い合わせ先はこちらVIZ STORE-TOKYO[ビィズ ストア-トウキョウ]
TEL 03-3478-6335 (12時~20時)
info@viz-store.jp (24時間)
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

VIZ STORE-TOKYO http://viz-store.jp
V-STORE(ONLINE STORE) http://www.v-store.jp
VIZ STORE-TOKYO on TWITTER http://twitter.com/#/vizstore
VIZ STORE-TOKYO on Togetter http://togetter.com/id/
VIZ_STORE_TOKYO VIZ STORE-TOKYO on Instagramhttp://instagram.com/viz_store_tokyo#
VIZ STORE-TOKYO on facebook http://www.facebook.com/viztokyo
VIZ WEAR http://wear

コメントは受け付けていません。

recent tweets
SARCH
ARCHIVE
ページのトップへ